南アルプス市の変わり者 『金丸忠仁・種まく人』 のブログです。 私の日常・防災ボランティア・市内の出来事などの活動をつづります。 このブログの連絡先のメールアドレスはuc34in@bma.biglobe.ne.jp です、ご意見、苦情、冷やかし、時間つぶしのメールお待ちしております
[1] [2] [3] [4
Posted by tadahito - 2016.12.21,Wed

都留のリニア見学センター近くで

午前9時半です

都留の道の駅が近くに出来ました。

Posted by tadahito - 2016.12.09,Fri

藤田集落センターで
 JR東海・山梨県・南アルプス市と藤田地区リニア対策協議会

金丸市長が側道作ると
  宣言すれば未来の子供たちに
     少し顔向け出来る。
側道作らなければ
  JR東海は袋農地に接道を舗装付きで
    杓子定規作る、作られないリニア軌道下は
      誰がこの姿にしたのか・・・・
私の責任回避ではないが、金丸市長が未来を予測出来なかったと
   孫やひ孫に伝える事に・・・・・。
JR東海は21.6㍍の買収用地に側道分の8㍍も考えて買収。
山梨県の後藤知事は側道に資金支援を表明。
Posted by tadahito - 2016.11.03,Thu

こんな所に地下水が・・・・・
Posted by tadahito - 2016.10.16,Sun
関係者各位                   平成28年10月16日

藤田地区リニア対策協議会から
 稲の刈取りも進み秋の気配が濃くなってきました、JR東海から別紙の通り地下水を利用して井戸を持っている家や、湧水を農業用水として利用している農家等、リニア中央新幹線の高架橋設置で地下水に変化が起きる可能性があるので、利用者の把握を調査するようです、地下水に対しては私が平成26年11月20日の甲西農村環境改善センターで行われた中央新幹線建設に係る事業説明会で
『南アルプス市藤田地区の野菜ハウス栽培者は地下水利用して
野菜を栽培していますリニア中央新幹線建設において地下水への
影響が懸念され、事前に地下水用状況を把握して頂き
建設後に著しい影響の場合の対策をお願いしたいと思います』
と文章で渡しました、今回藤田地区リニア対策協議会も事前に対象者を知りたいので、地下水利用者は下記に記入の上、金丸忠仁ポストに入れておいてください。
※JR東海あるいは南アルプス市役所から何らかの情報があった場合は金丸まで連絡ください。
連絡先  金丸忠仁
400-0334 山梨県南アルプス市藤田1620-2
携帯 090-3319-4196
Eメール uc34in@bma.biglobe.ne.jp
携帯メール mail.add.tta@ezweb.ne.jp
FAX 055-284-4175
――――――――切り取り線―――――――――――――――――――――――

名前              

住所                  

使っている所(番地)              

家庭なのか農業なのか       

井戸か      ポンプか      用水か    

Posted by tadahito - 2016.09.29,Thu

田富のリニア用地事務所にて

山梨県・南アルプス市・JR東海・南アルプス市リニア対策協議会
  補償問題や山梨県の役割等  質問に対しての回答を紙で頂きました。
Posted by tadahito - 2016.09.22,Thu

朝この模型を使い説明をしました。

八代の米倉

御坂の上黒駒

雨宮さんの奥さんが丁寧に説明してくれました

都留にも行きましたが、見学センターはPASS
   車両基地まで行きました。
Posted by tadahito - 2016.09.21,Wed


どこで線を引くのか、大変です。
いろんな考えあります。
でも実験線を見てくれば、先が見えるかも。
Posted by tadahito - 2016.09.16,Fri

22日の下見に行ってきました
   測量もしてきました。
Posted by tadahito - 2016.09.15,Thu
平成28年9月14日水曜日

藤田地区リニア対策協議会よりお知らせ

南アルプス市リニア対策協議会では別紙質問書を9月11日にJR東海に
渡しました、個別交渉に入る前に補償等の概略(基本的な考え)をJR東海に質問しました。一読下さい。

また8月の藤田区自治会の回覧版でJR東海と南アルプス市役所に対して別紙
要望書を渡してあります、回覧版でご覧になったと思います
要望書の5番の地下水に対する補償と対策について、電話でJR東海から対象者
(井戸水、農業使用)について調査したいと連絡がありました。
藤田リニア協議会でも対象者の把握とどんな現状か会議等の機会に聞き取り調査をしたいと思いますので、ご協力ください。

側道や日陰、騒音等の問題に対して実験線(都留から八代)の見学を
下記の日程で行います、南アルプス市の28人乗りバスを予約しましたので
多数の参加をお願いいたします。


日時     平成28年9月22日(木) 午前8時30分 
藤田スポーツ広場集合
見学場所   八代(米倉)側道と日陰   御坂(上黒駒)境界線と騒音
       都留(朝日)側道と日陰

       昼ご飯は各自用意  当日地図を配布します
      参加希望者は金丸忠仁まで連絡してください。


金丸忠仁 400-0334 山梨県南アルプス市藤田1620-2
携帯 090-3319-4196
Eメール uc34in@bma.biglobe.ne.jp
携帯メール mail.add.tta@ezweb.ne.jp
FAX 055-284-4175
Posted by tadahito - 2016.09.11,Sun

会議前に質問書をJR東海に

用地測量説明会だが用地取得とか用地補償も

補償金の話が用地測量より先にあり
   おかしいでない????
こんな資料で藤田地区に持ってきたら、会議を流すと
  意見をしました。
Posted by tadahito - 2016.08.31,Wed

齋藤建設部長
  山梨県リニア用地事務所所長に志村さんが電話かけ
      内容を確認させる

私たちが言っている事を信用しないのか!!!


市民側に立って山梨県やJR東海に話をするのが
   市役所職員ではないのか!!!
Posted by tadahito - 2016.08.31,Wed

甲西地区の宮沢公民館に

中心線マークがついていない地区
      神奈川や東京の共産党議員でした。
Posted by tadahito - 2016.08.29,Mon
リニア新幹線の緩衝帯について

路線と接する北側の家で、こんな噺が聞こえてきた。
爺さんと婆さんとは7つちがい。爺さんは今年の年取りで78才になった。
 早春の朝 5時にはおきて、ホリヌキで顔を洗うが50年来の日課だ。
曲がりかけた、腰をのばして見上げる構築物は、若い頃、行った中国の万里の長城をおもいだす。手を伸ばすと3Mの網枠は櫛形山の麓まで続く。

ここに家を建ったときは、まわりは田んぼで、田植えがすぎると、夜は蛙の村中で寝ているようだった。
 今、立って顔を拭いていても、頭上をシュンー、シュンーと長蛇が行き交う。
こんな、はずでは、なっかたのに。
家にはいって、茶の間から富士山がみえたが、今はコンクリートの基礎座が家半分を隠している。
冬の午前中は太陽が来ない。午後は遠くのフードで陽が翳る。

”爺ちゃん、わたしが緩衝帯のはなしを、したことがせめて10M造って  もらえば、見上げて首の痛くなるような、ことはなかったヨ”
”そうさナ あの時、富士川町、甲西、藤田、浅原そして中央市が一団とな  って路線の両側に緩衝帯を造らせておけば、よかったナ
緩衝帯を道路にするは、管理上、公安委員会やら、面倒らしいから
  雑木林のような、ものでいいから緑をつくって、付近の子供がそのなかを  飛び回ったり、年寄りが椅子に、また夫婦で歩いてもいいわナ”

”市役所には固定資産税がはいってくるだから、市が緩衝帯をかりあげて
  緑を植えて、管理費は地区に任せたとしても、安いもんだ。
  リニア路線に沿って20KMもあれば、近郷、近在の衆があそびに、幼稚  園の遠足、行楽、バーベギュー みんながリニアのお陰で林の緑と親    しむワナ 


と、云うような噺が聞こえてくる。
この構想を実現する、志士、交信を期す。
カウンター
プロフィール
HN:
tadahito
年齢:
64
性別:
男性
誕生日:
1953/02/01
職業:
自営
趣味:
Running
自己紹介:
170㌢60㌔血液型○型献血62回普通自動車大型自動二輪免許FAX番号 055-284-4175
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[08/20 euripayo]
[08/20 erosoyi]
[08/20 ekipuj]
[06/04 優待会員西村洋子]
[05/20 優待会員西村洋子]
バーコード
アクセス解析
最新トラックバック
あし@
フリーエリア
フリーエリア
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"